« バーレーンGPフリー1回目、ベッテル(フェラーリ)が最速 | トップページ | モナコGP、アロンソの代役はバトン(マクラーレン) »

2017/04/15

トラブルもベッテル(フェラーリ)がフリー2回目トップ

Bahrain Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
14日(金)18時からバーレーンGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
日も沈んだバーレーン・サーキットは気温33ドライバー、路面温度は34ドライバーまで低下した。
湿度のほうは17%と、相変わらず雨になる心配はまったくない。
1回目セッションでトラブルに見舞われストップをしたマクラーレン・ホンダのバンドーンは、MGU(Motor Generator Unit:電動機/発電ユニット)が原因としてパワーユニット交換のためセッション序盤ガレージ内での待機を余儀なくされている。

セッションが始まると今度はルノー・エンジンを搭載したトロ・ロッソのサインツがエンジンブローでストップ。
同陣営ではレッドブルのフェルスタッペンもトラブルにより一時ガレージで作業を強いられた。

トップタイムはここでもフェラーリのベッテルで1'31.310のベストタイム。
ただベッテルも一時シャットアウトに見舞われたが、修復され再びコースに戻っている。
2番手ボタス(メルセデス)で0.041秒の差。
3番手リカルド(レッドブル)、4番手ライコネン(フェラーリ)、5番手ハミルトンハミルトン(メルセデス)、6番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、7番手マッサ(ウィリアムズ)、8番手フェルスタッペン(レッドブル)、9番手グロージャン(ハース)、10番手クビアト(トロ・ロッソ)の順。
マクラーレン・ホンダはアロンソが14番手、バンドーンは最下位の20番手だった。

バーレーンGPフリー走行2回目の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

|

« バーレーンGPフリー1回目、ベッテル(フェラーリ)が最速 | トップページ | モナコGP、アロンソの代役はバトン(マクラーレン) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65151658

この記事へのトラックバック一覧です: トラブルもベッテル(フェラーリ)がフリー2回目トップ:

« バーレーンGPフリー1回目、ベッテル(フェラーリ)が最速 | トップページ | モナコGP、アロンソの代役はバトン(マクラーレン) »