« テスト2日目、赤旗中断が相次ぐ | トップページ | マッサ(ウィリアムズ)、「今年のオーバーテイクは難しい」 »

2017/03/09

アロンソ(マクラーレン)、ホンダ・エンジンに不満爆発

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
シーズン前テストも後半の2日目を終えたが、相変わらず思うような進捗がみられないホンダ・エンジンに、ついにアロンソ(マクラーレン)が不満を爆発させた。

この日のテストを報じる英専門誌には、ホンダ製パワーユニットについて語るアロンソの『ノー・パワー、ノー・リライアビリティ』(パワーもなければ、信頼性もない)というセンセーショナルな言葉が大きく踊った。

それによれば、今年のマクラーレン・ホンダのマシンについて聞かれたアロンソは、「シャシーについてはそれほど遅れているとは感じないが、われわれの問題はただ一つ、エンジンだ。
ホンダのエンジンはパワーもなければ信頼性もなく、話にならない。
ストレートで30キロもスピードが遅いんじゃ、フィーリングを尋ねられても答えようがないじゃないか」と、こき下ろした。

アロンソはまた「われわれは長年このスポーツを支配し、タイトルを獲得してきたビックチームなんだ。
全員が勝つ準備はできている。
ただホンダだけはそうではない」とも。

普段、あまり非生産的な内容を口にしないアロンソだが、タイトル奪還のため身を投じたこのチームの3年続く体たらくについに堪忍袋の緒が切れた形だ、
ホンダはこれにどう応えるのか。
今年36歳になるアロンソにとって残された時間はそう多くはない。

|

« テスト2日目、赤旗中断が相次ぐ | トップページ | マッサ(ウィリアムズ)、「今年のオーバーテイクは難しい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64990184

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)、ホンダ・エンジンに不満爆発:

« テスト2日目、赤旗中断が相次ぐ | トップページ | マッサ(ウィリアムズ)、「今年のオーバーテイクは難しい」 »