« ウィリアムズ、『ボンバルディア』とパートナーシップ契約 | トップページ | マクラーレン首脳、「問題点の多くはホンダ側にある」 »

2017/03/08

ホンダ、またも同じトラブルに見舞われる

McLaren 『『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
4日のインターバルを挟み、同じくバルセロナ・サーキットで行われた合同テストで、マクラーレン・ホンダ・チームは再びエンジントラブルに見舞われた。

この日『MCL32』のコクピットに収まったのは今年レースドライバーに昇格したストッフェル・バンドーン。
しかし午前のセッションで34ラップを周回したところでホンダ製パワーユニットに電気系の問題が発覚。
パワーユニットは先週やはり電気系トラブルが起きたのと同じ仕様のものということだ。

チームはエンジン交換を行い、結局この日トータル80周を周回したものの今回も出鼻をくじかれた形となった。

|

« ウィリアムズ、『ボンバルディア』とパートナーシップ契約 | トップページ | マクラーレン首脳、「問題点の多くはホンダ側にある」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64986188

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、またも同じトラブルに見舞われる:

« ウィリアムズ、『ボンバルディア』とパートナーシップ契約 | トップページ | マクラーレン首脳、「問題点の多くはホンダ側にある」 »