« アロンソ(マクラーレン)、他チーム移籍へ下準備開始か | トップページ | メルセデス製パワーユニット、信頼性に懸念ありか »

2017/03/16

フォース・インディア、カラーリング不評も実入りは大

Force India 『VJM10』 (C)Sahara Force India F1
拡大します
今シーズン、新型車発表時に披露されたブラック&シルバーという渋めのものでいくと思われたフォース・インディア・チーム2017年型車『VJM10』は突然鮮やかなピンクに変更されてファンを驚かせたが、チームにはこれで大きな実入りが期待できるようだ。

このカラーリング変更は今年新たに獲得したオーストリアのスポンサー『BWT』と契約したことによるもの。
地元オーストリアのメディアが報じるところによれば、この契約により同チームには実に1年で2千万ドル(約23億円)もの資金が入るということだ。

ピンクのカラーリングはマシンだけでなくドライバーのヘルメットにも配される予定だが、セルジオ・ペレスらはこれを聞いて渋い顔であるという。

|

« アロンソ(マクラーレン)、他チーム移籍へ下準備開始か | トップページ | メルセデス製パワーユニット、信頼性に懸念ありか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65021305

この記事へのトラックバック一覧です: フォース・インディア、カラーリング不評も実入りは大:

« アロンソ(マクラーレン)、他チーム移籍へ下準備開始か | トップページ | メルセデス製パワーユニット、信頼性に懸念ありか »