« ハミルトン(メルセデス)、余裕の「勝者礼賛」 | トップページ | 失意のリカルド(レッドブル)、「全員を中国に呼んでやり直したい」 »

2017/03/27

フェラーリ首脳、「まだほんとうのレースペースはわからない」

Jock Clear & Takuma Sato (C)Honda Media
拡大します
今季開幕戦オーストラリアGPでみごと1年半ぶりとなる勝利の美酒に輝いたフェラーリ・チームだが、現場の責任者は「まだほんとうのペースはわからない」と、慎重な姿勢を崩していない。
これは昨年同チームに移籍してチーフ・エンジニアリング・ディレクターのポジションに
就いているジョック・クレア氏が英『スカイ・スポーツ』に語ったもの。

「今日のレースでは幸いわれわれが勝利を手にすることができたが、ほんとうのレースペースで比べた場合、果たしてメルセデスとわれわれ、どちらが早かったのかは正直わからない。
率直に言って今日の勝利の要因としてはタイヤ戦略の妙が影響したのだと思っている。
だからどちらが真のスピードを持っているのかがわかるのは、次戦以降になるだろう」

同氏はさらにレッドブル・レーシングにも警戒感を示した。
ジョック・クレア氏はかつてニコ・ロズベルグの担当エンジニア、それ以前には日本の佐藤琢磨を担当したことで馴染み深い。

|

« ハミルトン(メルセデス)、余裕の「勝者礼賛」 | トップページ | 失意のリカルド(レッドブル)、「全員を中国に呼んでやり直したい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65071691

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ首脳、「まだほんとうのレースペースはわからない」:

« ハミルトン(メルセデス)、余裕の「勝者礼賛」 | トップページ | 失意のリカルド(レッドブル)、「全員を中国に呼んでやり直したい」 »