« フェルスタッペン(レッドブル)、「まだライバルには水」 | トップページ | ロス・ブラウン氏、「年間最大21戦が限度」 »

2017/03/21

ピレリ首脳の見解は「フェラーリが優勝候補筆頭」

Mario Isola (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017年シーズンの開幕を前にピレリタイヤがシーズン前テストの結果を分析、現状で優勝への候補筆頭はフェラーリ・チームであるとの見解を示した。

これは同陣営のモーターレーシング部門でヘッド・オブ・カーレーシングの要職に就いたマリオ・イゾーラ氏が『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙に語ったもの。
その中でこの47歳になるイタリア人技術者は、次のような見解を示した。

「シーズン前テストで見えたことは、フェラーリ・チームがとても好調であるということ。
衆知のように今年のマシンはタイヤが大型化し、エアロダイナミックスの変更によりダウンフォースも増しているが、それに一番うまく対応したのがこのチームになるだろう」

その一方で話題になっているオーバーテイクについては、「ダウンフォースが増したためレース中のオーバーテイクが難しくなるのは間違いない。
それだけにまた予選が重要になる。
さらにこれはドライバーに対して身体的に厳しいとも言える。
レース後のドライバーの(疲労した)顔を見るのを私はいまから楽しみにしているよ」と、笑顔をみせた。

|

« フェルスタッペン(レッドブル)、「まだライバルには水」 | トップページ | ロス・ブラウン氏、「年間最大21戦が限度」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65046210

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ首脳の見解は「フェラーリが優勝候補筆頭」:

« フェルスタッペン(レッドブル)、「まだライバルには水」 | トップページ | ロス・ブラウン氏、「年間最大21戦が限度」 »