« VWグループの『アウディ』、やはりF1に関心 | トップページ | FIA、ウィリアムズの手順不足に執行猶予付き罰金 »

2017/03/30

『オーバーテイク困難』で、ドライバーらの意見が一致

Australia GP Scene (C)Renault F1 Team
拡大します
シーズン事前に懸念された『オーバーテイクの難しさ』について、アルバートパーク特設コースでの開幕戦を終えたドライバーらはいずれもこの見解に同意しているようだ。

2017のF1は、昨年と比べてタイヤのワイド化やエアロダイナミックスの見直し等により、空力パフォーマンスが大幅に向上してダウンフォースが強大に、またタイヤのグリップ力も増していて、ラップタイムは短縮されるもののコース上でのオーバーテイクは困難になるとみられていた。

これについて、多くのドライバーが「今年のマシンは後方気流の乱れが大きく、位置取りが難しくてオーバーテイクは現実的なことではない」と、指摘。
実際、オーストラリアGPで勝利の決め手となったのはピットストップのタイミングであり、コース上でのバトルには残念ながらならなかった。

|

« VWグループの『アウディ』、やはりF1に関心 | トップページ | FIA、ウィリアムズの手順不足に執行猶予付き罰金 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65084107

この記事へのトラックバック一覧です: 『オーバーテイク困難』で、ドライバーらの意見が一致:

« VWグループの『アウディ』、やはりF1に関心 | トップページ | FIA、ウィリアムズの手順不足に執行猶予付き罰金 »