« カナダGPも2029年まで長期開催契約延長 | トップページ | ハースF1チーム、今年もブレーキに悩み抱える »

2017/03/05

評価分かれるマクラーレン・チームのシャシー

McLaren 『『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
今シーズン最初のバルセロナ合同テストではホンダ側のエンジントラブルが目立ったマクラーレン・チームだが、そのシャシーについても評価が分かれているようだ。

アロンソ&バンドーン、テストにあたった二人のドライバーはいずれもシャシーからは高いグリツプが得られていると前向きの声が聞かれたが、そもそも今季のマシンはタイヤもダウンフォースもこれまでとは異なるものである程度のレベルアップは当然のこと。

テストを観察した元マクラーレン・チームのドライバー、ペドロ・デ・ラ・ロサ氏は次のように慎重な姿勢をみせている。

「外部から見た範囲だが、コクピットの中でアロンソは数多くステアリングを修正しているのが気になった。
ほんとうにグリップが高くて安定しているならその必要はないだろう。
外部から見えるよりも、『MCL32』はナーバスなのではないか。
まだみんな『攻めて』いる時期ではないが、フェラーリやメルセデスAMGらは同じコーナーでもずっと安定しているように感じられたね」

セットアップが進む次回の合同テスト(3/07-10)ではさらに各チームの状況が明らかになってくることだろう。

|

« カナダGPも2029年まで長期開催契約延長 | トップページ | ハースF1チーム、今年もブレーキに悩み抱える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64972969

この記事へのトラックバック一覧です: 評価分かれるマクラーレン・チームのシャシー:

« カナダGPも2029年まで長期開催契約延長 | トップページ | ハースF1チーム、今年もブレーキに悩み抱える »