« スペイン紙、トラブル続きのマクラーレン・ホンダに悲観的報道 | トップページ | 窮地のホンダだが、「開幕戦までには問題解決する」 »

2017/03/02

ロシアGP、2025年まで開催契約延長へ

Russia GP Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
現在の開催契約が2020年まであるとされるロシアGPだが、今回さらに5年の延長で合意、2025年まで開催されることが明らかとなった。

契約交渉は前任者であるFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表との間でスタートしたとされるが、リバティ・メディアがオーナーとなった新体制の元では初の開催契約の成立ということになる。

ロシアGPの主催者であるセルゲイ・ボロビョフ氏によれば、これまでのようなロシア政府からの支援は打ち切られたものの、ロシア大手金融機関である『VTBグループ』との長期大型スポンサーのバックアップが契約延長のカギになったとのことだ。

現在ロシア人F1ドライバーとしては引き続きダニール・クビアトがトロ・ロッソからの参戦を決めている。

|

« スペイン紙、トラブル続きのマクラーレン・ホンダに悲観的報道 | トップページ | 窮地のホンダだが、「開幕戦までには問題解決する」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64959675

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアGP、2025年まで開催契約延長へ:

« スペイン紙、トラブル続きのマクラーレン・ホンダに悲観的報道 | トップページ | 窮地のホンダだが、「開幕戦までには問題解決する」 »