« 豪GPのレーススチュワードにデレック・ワーウィック氏 | トップページ | FIA、メルセデスとレッドブルのサスペンション違法指摘 »

2017/03/24

豪GPフリー1回目、メルセデスAMGの二人が最速

Australia GP (C)Ferrari S.p.A
拡大します
いよいよ2017年シーズンのF1が開幕。
初戦は今年もメルボルンのアルバートパーク特設コースを舞台にしたオーストラリアGP。
フリー走行1回目セッション直前の天候は晴れ、気温21度、路面温度27度、湿度59%、コースはドライコンディションと報告されている。

出走したドライバーはすべて登録されたレースドライバーで、完全なルーキーはウィリアムズのランス・ストロールのみ、ほぼルーキーにあたるのがマクラーレンのストッフェル・バンドーン(1戦)ということになる。
一部のマシンはカラーリングが変更となっているが、やはり目を引くのがフォース・インディアのピンク。
ドライバーのヘルメットも事前のものからピンク系に変更したため、とりわけオコンは鮮やかだ。

セッションは特にアクシデント等もなく進行したが、マクラーレンはここでもバンドーンがマシントラブルのため長くガレージに留まった。
またパーマー(ルノー)もトラブルで周回を伸ばせずにいた。

このセッションでトップタイムを記録したのはメルセデスAMGのルイス・ハミルトンで、ベストタイム1'24.220をマークした。
2番手もチームメイトのボタスでハミルトンとは0.583秒差だった。
3-4番手はレッドブル・レーシングのリカルド&フェルスタッペン、5-6番手フェラーリのライコネン&ベッテル、以下、マッサ(ウィリアムズ)、グロージャン(ハース)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、ペレス(フォース・インディア)と続いた。
マクラーレンはアロンソ14番手、バンドーンは再走したものの最下位タイムに終わっている。

オーストラリアGPフリー走行1回目の結果はこちら
オーストラリアGPの画像はこちら

|

« 豪GPのレーススチュワードにデレック・ワーウィック氏 | トップページ | FIA、メルセデスとレッドブルのサスペンション違法指摘 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65059439

この記事へのトラックバック一覧です: 豪GPフリー1回目、メルセデスAMGの二人が最速:

« 豪GPのレーススチュワードにデレック・ワーウィック氏 | トップページ | FIA、メルセデスとレッドブルのサスペンション違法指摘 »