« バンドーン(マクラーレン)、「誕生日ケーキは一切れだけ」 | トップページ | 豪GPスタートやり直しは「信号異常のせい」 »

2017/03/27

フェラーリのベッテル、FORMULA 1 新時代の開幕戦を 1 ストップ戦略で制す (ピレリ)

セバスチャン・ベッテル (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 オーストラリアグランプリ決勝
・トップ 4 がウルトラソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略を採用 その他、スーパーソフトを使用した戦略も見られた
・摩耗率が低く、デグラデーションが小さかったことは、 ドライバーが各スティントで終始ハードにプッシュすることを可能に

2017 年 3 月 26 日、メルボルン
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、1 ストップ戦略でオーストラリアグランプリを制しました。ベッテルは、 ポールシッターのルイス・ハミルトンよりも長い第 1 スティントをウルトラソフトで走行し、ピットストップ後にメ ルセデスのハミルトンの前でコースに戻りました。トップ 4 を含めた完走車の多くが、ウルトラソフト – ソフト と繋ぐ 1 ストップ戦略を採用しました。決勝では全 3 種類のスリックコンパウンドが使用され、終盤に記録さ
れたファステストラップは、昨年の記録より 2 秒以上速いものでした。大半のドライバーがウルトラソフトでス タートしました。ソフトでスタートしたドライバー中の最上位は、このレースで Formula 1 にデビューしたザウ バーのアントニオ・ジョヴィナッツィでした。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「Formula 1 の新しい時代が、ここオーストラリアで 華々しく開幕しました。ドライバーたちが各スティントで終始ハードにプッシュし、接戦が展開されていました。 我々の予測通り、1 ストップ戦略が主流となり、トップ 4 ドライバーは、フィニッシュまで確実に走行すること を狙って第 2 スティントでソフトタイヤを使用しました。サーキットでの摩耗とデグラデーションのレートが低 かったこともあり、タイヤにとっての負荷が大きくなかったとはいえ、各ドライバーのファステストラップの中に は、30     周以上走行したソフトコンパウンドでレース終盤に記録されたものもありました」

ピレリジャパン・プレスリリース

コンパウンド毎のラップタイム上位:

ライコネン 1m26.538s フェルスタッペン 1m26.964s クビアト 1m26.711s
ボッタス 1m26.593s クビアト 1m27.983s マグヌッセン 1m27.568s
ベッテル 1m26.638s マッサ 1m28.045s ハミルトン 1m28.117s

最長スティント:

コンパウンド
ドライバー
ラップ
ソフト ヴァンドーン 46
スーパーソフト マグヌッセン 43
ウルトラソフト クビアト 34

Truthometer:
セバスチャン・ベッテルが 1 ストップ戦略で優勝しました。ベッテルは、ウルトラソフトでスタートし、23 周目に ソフトへ交換しました。我々は、多くのドライバーが第 2 スティントでスーパーソフトを使用すると予測してい ました。その戦略を実行した最上位ドライバーは、5位のマックス・フェルスタッペンでした。

|

« バンドーン(マクラーレン)、「誕生日ケーキは一切れだけ」 | トップページ | 豪GPスタートやり直しは「信号異常のせい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65072522

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリのベッテル、FORMULA 1 新時代の開幕戦を 1 ストップ戦略で制す (ピレリ):

« バンドーン(マクラーレン)、「誕生日ケーキは一切れだけ」 | トップページ | 豪GPスタートやり直しは「信号異常のせい」 »