« 『オーバーテイク困難』で、ドライバーらの意見が一致 | トップページ | FOM、パドックパスの発行基準の緩和を検討 »

2017/03/31

FIA、ウィリアムズの手順不足に執行猶予付き罰金

Lance Stroll (C)Williams F1
拡大します
開幕戦オーストラリアGPでウィリアムズ・チームのランス・ストロールがギヤボックス交換をした際にFIA(国際自動車連盟)技術委員への連絡を怠ったことが判明、同グランプリのレーススチュワード(競技委員)が2万5千ユーロ(約300万円)の罰金を科していたことがわかった。
ただしペナルティは執行猶予が付けられていて、今シーズン中に繰り返すことがなければ執行されないことになる。

このためチームやストロール本人に罰金の実害はないが、FIA(国際自動車連盟)は不快感を公に示した形だ。
なおストロールにはこのギヤボックス交換が原因で、別途レギュレーションに則り次戦中国GPで予選グリッド5番降格のペナルティが決まっている。

|

« 『オーバーテイク困難』で、ドライバーらの意見が一致 | トップページ | FOM、パドックパスの発行基準の緩和を検討 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65087895

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、ウィリアムズの手順不足に執行猶予付き罰金:

« 『オーバーテイク困難』で、ドライバーらの意見が一致 | トップページ | FOM、パドックパスの発行基準の緩和を検討 »