« 豪GPフリー2回目もハミルトン(メルセデス)が最速タイム | トップページ | ホンダ、順調な滑り出しを強調も »

2017/03/25

ハースF1チーム「Tウィング」に強度不足みつかる

Haas 『VF-17』(C)Haas F1 Team
拡大します
今年のF1のトレンドにもなっているリヤカウル部のシャークフィンとTウィシングだが、24日(金)行われたフリー走行で、ハースF1チームの『VF-17』のTウィングが大きくたわんでいることが確認された。

FIAのレーススチュワード(競技委員)は午後の2回目セッションを前にこのデバイスの取り外しをチームに指示、これを受けハースF1チームはグロージャン&マグヌッセンいずれのマシンからもTウィングを撤去した。

同チームのギュンター・シュタイナー代表は「これまでのテストでも強度は確認されており、走行中に破損するなどの心配はなかったが、スチュワードの指摘を尊重した」と、説明した。

|

« 豪GPフリー2回目もハミルトン(メルセデス)が最速タイム | トップページ | ホンダ、順調な滑り出しを強調も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65062397

この記事へのトラックバック一覧です: ハースF1チーム「Tウィング」に強度不足みつかる:

« 豪GPフリー2回目もハミルトン(メルセデス)が最速タイム | トップページ | ホンダ、順調な滑り出しを強調も »