« ロス・ブラウン氏、F1改革に『特務部局』設立へ | トップページ | 消滅したマノー・レーシングの機材がオークションに »

2017/03/19

バーニー・エクレストン氏は、『F1総帥』に未練も

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の代表職を中心にF1の商業権を駆使し事実上のF1総帥として辣腕を振るったバーニー・エクレストン氏は、一線から身を引いた今、さすがにいま手持ち無沙汰のようだ。

今年87歳になるこのイギリス人は、同国のスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』に対し次のように語っている。

「F1株式をリバティ・メディアに売却したことに後悔はしていない。
いつだって時代は変化するものだからね。
ただその1年目にいきなりマネージメント部門のトップをすげ替えたのはいただけないな。
彼らはもう1年待って、状況を良く把握してからでも良かったんだ。
おそらく私がその立場ならそうしたことだろうがね。
ま、彼らはアメリカ式の運営をしようということなんだろう」

その上で「正直、もう数年は私がボスを続けても良かったんだが……」と、未練をみせた。

|

« ロス・ブラウン氏、F1改革に『特務部局』設立へ | トップページ | 消滅したマノー・レーシングの機材がオークションに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65033707

この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・エクレストン氏は、『F1総帥』に未練も:

« ロス・ブラウン氏、F1改革に『特務部局』設立へ | トップページ | 消滅したマノー・レーシングの機材がオークションに »