« ロス・ブラウン氏、「自然吸気エンジンへの回帰も選択肢」 | トップページ | 2017年F1マシンはブレーキへの負担増も »

2017/02/01

オリビエ・パニス子息、WTCC(世界ツーリングカー選手権)参戦へ

Aurelien Panis
WTCC(世界ツーリングカー選手権)に参戦するハンガリーのゼングー・モータースポーツは、2017年シーズンのドライバーとしてオーレリエン・パニス(22歳:フランス)を起用したことを明らかにした。

オーレリエン・パニスはその名が示す元トヨタ・チーム等のF1ドライバーであるオリビエ・パニス氏の子息。
1996年には当時のリジエで、無限ホンダに貴重なグランプリ1勝をもたらせたことで日本にも馴染み深いドライバーだ。

2011年にフランス国内のF4レースでデビューしたオーレリエン・パニスはその後フォーミュラ・ルノー等が活躍したが、2017年はツーリングカーへの転身を図ったもの。
それでも本人は「やがては父の後を追ってF1へたどり着きたい」と、さらなるステップアップに強い意欲をみせている。

|

« ロス・ブラウン氏、「自然吸気エンジンへの回帰も選択肢」 | トップページ | 2017年F1マシンはブレーキへの負担増も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64836090

この記事へのトラックバック一覧です: オリビエ・パニス子息、WTCC(世界ツーリングカー選手権)参戦へ:

« ロス・ブラウン氏、「自然吸気エンジンへの回帰も選択肢」 | トップページ | 2017年F1マシンはブレーキへの負担増も »