« マクラーレン・レーシング、ヨースト・カピト氏の離脱発表 | トップページ | ハミルトン父、新僚友ボタスに『キャリア終焉』の警告 »

2017/02/08

マクラーレン、チーム・マネージャーも離脱

Dave Reddind (C)McLaren Group
ロン・デニス/オーナー放逐のあと、マクラーレン・レーシングのボスだったヨースト・カピート/CEO(最高経営責任者)もチームを去ることとなったマクラーレンだが、チームの現場でもそうした動きが続いている。

今回伝えられたのはチーム・マネージャーを務めていたデイブ・レディング氏。
1988年に当時のベネトンでギヤボックスの専門家としてキャリアをスタートさせたレディング氏は2000年にマクラーレン入り、前出のカピート氏とは異なりこれまで実に17年の長きに渡ってチームを支えてきた栄光の貢献者だ。

後任にはこれまでチーフ・メカニックだったポール・ジェームス氏が就くと伝えられている。

|

« マクラーレン・レーシング、ヨースト・カピト氏の離脱発表 | トップページ | ハミルトン父、新僚友ボタスに『キャリア終焉』の警告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64866255

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、チーム・マネージャーも離脱:

« マクラーレン・レーシング、ヨースト・カピト氏の離脱発表 | トップページ | ハミルトン父、新僚友ボタスに『キャリア終焉』の警告 »