« バルセロナ合同テスト1日目タイム(2/27) | トップページ | メルセデスAMGチームもシャークフィンをテスト »

2017/02/28

マクラーレン・ホンダ、幸先悪いエンジントラブル

McLaren 『MCL32』 (C)McLaren Group
拡大します
かつての栄光を取り戻すべく、期待を込めてマクラーレン・チームが送り出した2017年新型車『MCL32』だったが、初日早くもエンジントラブルに見舞われ、不本意な滑り出しとなった。

初日のステアリングを握ったのはエースのフェルナンド・アロンソだったが、いきなりホンダ製パワーユニットのオイルシステムにトラブル発生。
修復のため、アロンソは長くガレージで待機するしかなかった。

ホンダはパワーユニット全体を取り替える荒療治に出たが、その後もトラブルで満足に集会を重ねることができず、この日トータルわずかに29周で10番手タイム。
王者メルセデスAMGチームが着実に150周以上を走り込んだのに比べるとチャレンジャーとしては不本意なものだった。

マクラーレン・ホンダ、明日はストッフェル・バンドーンが新型車を走らせる。

|

« バルセロナ合同テスト1日目タイム(2/27) | トップページ | メルセデスAMGチームもシャークフィンをテスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64951155

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・ホンダ、幸先悪いエンジントラブル:

« バルセロナ合同テスト1日目タイム(2/27) | トップページ | メルセデスAMGチームもシャークフィンをテスト »