« フェラーリ、フィオラノでシミュレーター・テスト | トップページ | 2018年の『ハロー(頭部保護装置)』導入、再延期も »

2017/02/05

インドネシア企業、なおもマノー・レーシングの参戦権狙う

Sean Gelael (C)GP2 Series
拡大します
資金難と新たな負債発覚で事実上消滅したマノー・レーシングだが、まだ保有するとされるF1参戦権を狙い、新たな買収候補が名乗りを挙げていることがわかった。
これはフィンランドの日刊紙『ツルン・サノマット』が報じたもの。

それによればマノー・レーシング買収に関心をみせているのはインドネシアのケンタッキー・フライドチキン現地法人である『KFCジャゴニャ・アヤム』。
同社のオーナーであるリカルド・ジェラエルグラエル氏が、子息でレーシングドライバーのショーン・ジェラエルのためにこの荒技を計画しているということだ。

同チームには以前リオ・ハリアントも在籍していて、インドネシアからの関心は高い。
ただジェラエルはF1傘下であるGP2シリーズのドライバーだが、昨季はランキング15位でまだF1参戦に必要なスーパーライセンス獲得の資格は有していない。

|

« フェラーリ、フィオラノでシミュレーター・テスト | トップページ | 2018年の『ハロー(頭部保護装置)』導入、再延期も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64852561

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア企業、なおもマノー・レーシングの参戦権狙う:

« フェラーリ、フィオラノでシミュレーター・テスト | トップページ | 2018年の『ハロー(頭部保護装置)』導入、再延期も »