« ルノー・チーム、前レッドブル空力責任者の獲得を発表 | トップページ | ジェームス・アリソン氏、メルセデスAMGチーム入り »

2017/02/16

ホンダ、「新型パワーユニットもリスク冒した」

Honda V6 Power Unit(C)Honda Racing
拡大します
ホンダでF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介氏は、レギュレーションが改訂された2017年のパワーユニットに対しても、「リスクを冒して新しいコンセプトに挑んだ」と、その進取の姿勢を強調した。

「われわれはいま挑戦者の立場にあるので、保守的な姿勢に留まることは許されない。
だから今回も他のエンジンとは異なる、全く新しいコンセプトの元に開発を進めた。
成功すればパフォーマンス面でアドバンテージを得ることができるが、その一方で成功への関門は厳しいものがある。
しかしその姿勢こそがわれわれホンダがF1にチャレンジする意義だと思っている。
まずはシーズン前テストで問題点をすべて洗い出したい」

前回のパワーユニットでも『サイズゼロ』とされる意欲的な挑戦をみせたホンダが、今回また新たな挑戦的なシステムを披露することになりそうだ。

|

« ルノー・チーム、前レッドブル空力責任者の獲得を発表 | トップページ | ジェームス・アリソン氏、メルセデスAMGチーム入り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64895526

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、「新型パワーユニットもリスク冒した」:

« ルノー・チーム、前レッドブル空力責任者の獲得を発表 | トップページ | ジェームス・アリソン氏、メルセデスAMGチーム入り »