« オリビエ・パニス子息、WTCC(世界ツーリングカー選手権)参戦へ | トップページ | ブロウン氏(マクラーレン)、「新人バンドーンは本物」 »

2017/02/02

2017年F1マシンはブレーキへの負担増も

Honda『RA107』 (C)Honda Racing
拡大します
2017年シーズンのF1はレギュレーションの大幅変更によりタイヤの大型化やエアロダイナミックスの見直しによるダウンフォースの向上等により、かなりの高速化が見込まれている。

しかしマシンが速くなれば当然のこと、ブレーキングに負担が増すことになる。
このためF1ブレーキを供給するメーカーの一つ『ブレンボ』の試算によれば、2017年マシンはブレーキディクの厚みもこれまでの28ミリから32ミリに増やされるということだ。

ただコーナリングスピードが上がりブレーキに負担が増すということは、コクピットのドライバーにも大きな影響がありそうだ。

|

« オリビエ・パニス子息、WTCC(世界ツーリングカー選手権)参戦へ | トップページ | ブロウン氏(マクラーレン)、「新人バンドーンは本物」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64839964

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年F1マシンはブレーキへの負担増も:

« オリビエ・パニス子息、WTCC(世界ツーリングカー選手権)参戦へ | トップページ | ブロウン氏(マクラーレン)、「新人バンドーンは本物」 »