« マクラーレン首脳、「チーム人事構成に問題ない」 | トップページ | 次世代フォーミュラEマシンのイメージ公開 »

2017/02/13

2017年のパワーユニットはすでに1000馬力越えか

McLaren Honda MP4/4 (C)McLaren Group
拡大します
一部イタリア・メディアが、今季仕様のフェラーリ製パワーユニットがすでに1000馬力を越えたと報じて注目されている。
これについて当のフェラーリ・チームはコメントを避けているが、しかしライバルであるメルセデスやルノーらはいずれも「1000馬力到達説」を否定している。

ルノー・スポールでF1エンジン開発責任者に就いているシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは、次のようにドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』に語っている。

「昨年の段階で各エンジンとも900馬力台であったと思う。
当然今年のものはさらにパワーアップしているとみられるが、それでもまだ950馬力程度だろう。
今の段階ですでに1000馬力に達しているというのはちょっと信じがたい数字だ。
しかし今シーズン中には開発が進んで大台に達することは考えられるね。
ただ勝利を掴むためにはシャシーのほうのレベルアップが不可欠だよ」と、エンジン専門家らしい見解を明らかにした。

かつてターボ・エンジン全盛の頃、マクラーレンに搭載されたホンダ製エンジンはすでに1000馬力を越えていたとみられている。

|

« マクラーレン首脳、「チーム人事構成に問題ない」 | トップページ | 次世代フォーミュラEマシンのイメージ公開 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64886759

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年のパワーユニットはすでに1000馬力越えか:

« マクラーレン首脳、「チーム人事構成に問題ない」 | トップページ | 次世代フォーミュラEマシンのイメージ公開 »