« マクラーレン、アロンソをドライバーにルマン参戦? | トップページ | メルセデスAMGの2017年新型車発表は2月23日(木)に »

2017/01/05

トト・ウォルフ氏、「マネージャー副業」の釈明に躍起

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ニコ・ロズベルグの引退に伴うメルセデスAMGチームの後任選びはどうやらバルテリ・ボタス(現ウィリアムズ)の移籍で落ち着く模様だが、移籍交渉においてその双方の関係者となるトト・ウォルフ氏の「微妙な立場」が批判を受けている。

というのも、ウォルフ氏はメルセデス・モータースポーツでドライバー契約など人事面に大きな影響力を持つエクゼクティブ・ディレクターを務める一方、個人の立場ではボタス個人のマネージメントを担当しているからだ。

これについてはレッドブル・グループのレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士がその矛盾を指摘しているだけでなく、身内であるメルセデス・モータースポーツ内部からもニキ・ラウダ/CEOらから問題とされているもの。

こうした批判を受けウォルフ氏は「今回の件が片付けぱ゛もうマネージメント業は行わない」と言明しているという。

|

« マクラーレン、アロンソをドライバーにルマン参戦? | トップページ | メルセデスAMGの2017年新型車発表は2月23日(木)に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64722066

この記事へのトラックバック一覧です: トト・ウォルフ氏、「マネージャー副業」の釈明に躍起:

« マクラーレン、アロンソをドライバーにルマン参戦? | トップページ | メルセデスAMGの2017年新型車発表は2月23日(木)に »