« フレデリック・ヴァスール氏、「ルノー離脱原因は内紛」 | トップページ | ウィリアムズ、今週にも新たな2017年ドライバー発表の構え »

2017/01/16

レッドブル・レーシング、「疑惑のサスペンション」踏襲

Redbull 『RB12』 (C)Redbull Racing
拡大します
大きくレギュレーションが変更される2017年は各チーム共に完全な新型車を投入するとみられるが、そうした中レッドブル・レーシングのサスペンション・システムに注目が集まっている。

これはイタリアの専門紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じたもので、それによれば同チームのサスペンションには油圧で制御するシステムがあり、これがアクティブ・サスペンションを禁止するF1規則に反するものとのこと。

2016年、メルセデスAMGとレッドブルの両チームが違反しているとしてフェラーリ・チームからの抗議を受け、FIA(国際自動車連盟)から今後は採用しないよう通達されたものとのこと。

しかしこれについてレッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は2017年もほぼ同様のシステムを継承するとし、「今年は他にも同様のシステムが複数チームで導入されるので問題にならない」と、半ば開き直りの姿勢をみせている。

|

« フレデリック・ヴァスール氏、「ルノー離脱原因は内紛」 | トップページ | ウィリアムズ、今週にも新たな2017年ドライバー発表の構え »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64769291

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・レーシング、「疑惑のサスペンション」踏襲:

« フレデリック・ヴァスール氏、「ルノー離脱原因は内紛」 | トップページ | ウィリアムズ、今週にも新たな2017年ドライバー発表の構え »