« 『リバティ・メディア』へのF1売却が正式承認される | トップページ | ウィリアムズ側も、「最大の難関はマッサの復帰説得」 »

2017/01/21

ライコネン(フェラーリ)、母国フィンランドの『親善大使』に

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フィンランド3人目のF1チャンピオンであるキミ・ライコネン(37歳:フェラーリ)が、その母国フィンランドの親善大使『スポーツ・アンバサダー』に任命されたことがわかった。

所属するフェラーリ・チームの説明によれば、今週首都ヘルシンキで行われた記念式典で、ユハ・シピラ首相から直々に指名されたということだ。

事前に知らされていなかったというライコネンは、「突然のことでとてもビックリしたよ。
でも他のフィンランド国民のためにも精一杯頑張りたい」と、意欲をみせている。

2007年のF1チャンピオンであるライコネンこれまでトータル20勝を記録、これはすでに先輩のハッキネン氏に並ぶものだ。

|

« 『リバティ・メディア』へのF1売却が正式承認される | トップページ | ウィリアムズ側も、「最大の難関はマッサの復帰説得」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64789103

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン(フェラーリ)、母国フィンランドの『親善大使』に:

« 『リバティ・メディア』へのF1売却が正式承認される | トップページ | ウィリアムズ側も、「最大の難関はマッサの復帰説得」 »