« ルノー、2017年の決め手は新型ERS(エネルギー回生システム) | トップページ | メルセデスAMG、バルテリ・ボタスの加入を正式発表 »

2017/01/17

伝説のスターリング・モス氏、肺感染症で入院

S.Moss & L.Hamilton (C)Mercedes Motorsport
拡大します
1950-60年代に掛けてメルセデスやマセラティ等で活躍した元F1ドライバーのスターリング・モス氏(87歳:イギリス)が、肺感染症のため入院していることがわかった。

同氏の代理人によれば、モス氏は昨年12月22日に体調を崩しシンガポールの病院に緊急入院。
深刻な容態からは脱出したものの、現在もなお入院して治療にあたっているとのこと。
なお意識は明瞭で、友人と行く筈だったクリスマス・クルーズに参加できなかったことを残念がっているということだ。

モス氏はF1で通算16勝を記録したが、シリーズ・ランキングでは2位が4回、3位が3回などついにタイトルに届くことがなく『無冠の帝王』との異名を取ったことで知られる。

|

« ルノー、2017年の決め手は新型ERS(エネルギー回生システム) | トップページ | メルセデスAMG、バルテリ・ボタスの加入を正式発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64773467

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説のスターリング・モス氏、肺感染症で入院:

« ルノー、2017年の決め手は新型ERS(エネルギー回生システム) | トップページ | メルセデスAMG、バルテリ・ボタスの加入を正式発表 »