« イギリスGP(BRDC)、リバティ・メディアによる救済に期待 | トップページ | エイドリアン・ニューイ氏、「F1技術、市販車に還元ない」 »

2017/01/31

トト・ウォルフ氏(メルセデス)、早急なルール改定に懸念

Mercedes AMG Team (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1の新しいオーナーとなったリバティ・メディアでは、かつてF1で幾多の栄光に輝いたロス・ブラウン氏をさっそくモータースポーツ担当取締役に指名するなどF1改革に積極的な姿勢をみせているが、こうした動きに警戒感をみせる向きもある。

メルセデス・モータースポーツでエクゼクティブ・ディレクターを務めるトト・ウォルフ氏(45歳:オーストリア)は、次のように指摘した。

「もちろんF1をより良いものに変えていくことにやぶさかではない。
しかしそれには十分な検討が不可欠となる。
いま行われているものにはそれなりの歴史と経緯がある訳で、それを無視して前のめりに変革していけば、これまでの熱心なF1ファンまで失いかねない。
それでは元も子もないということ。
リバティ・メディアにはそれを理解してもらい、慎重な姿勢で改革に臨んでもらいたい」

もちろん現在の絶対王者であるメルセデスにとって、ルールが変わるというのは歓迎すべきものではないだろう。

|

« イギリスGP(BRDC)、リバティ・メディアによる救済に期待 | トップページ | エイドリアン・ニューイ氏、「F1技術、市販車に還元ない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64831678

この記事へのトラックバック一覧です: トト・ウォルフ氏(メルセデス)、早急なルール改定に懸念:

« イギリスGP(BRDC)、リバティ・メディアによる救済に期待 | トップページ | エイドリアン・ニューイ氏、「F1技術、市販車に還元ない」 »