« 今年のシーズン中テストはバーレーンとハンガリーで | トップページ | ルノー・チーム、『BP・カストロール』との契約発表 »

2017/01/27

レッドブル新型車、再び『シャークフィン』復活か

Redbull『RB6』 (C)RedBull Racing
拡大します

2017年はタイヤだけでなくマシン面でも大幅なレギュレーション変更が行われる。
これに伴いマシンのスタイルにも大きな変化が現れるかも知れない。

例えばリヤウィングは、これまでの高さ950ミリだったものが今年は800ミリに縮小される。
それでもマシン後部の空気流を整える効果を得るため、かつてレッドブル『RB6』が採用したような大型の垂直ウィング『シャークフィン』が再び登場するのではないか、というもの。

レッドブル・レーシングではまだ2017年新型車『RB14』(仮称)の発表時期を明らかにしていないが、そのスタイルが注目を集めるのは必至のようだ。

|

« 今年のシーズン中テストはバーレーンとハンガリーで | トップページ | ルノー・チーム、『BP・カストロール』との契約発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64814455

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル新型車、再び『シャークフィン』復活か:

« 今年のシーズン中テストはバーレーンとハンガリーで | トップページ | ルノー・チーム、『BP・カストロール』との契約発表 »