« 生き残り図るマノー、2016年マシンでの参戦を模索 | トップページ | ボタス、メルセデスAMGチームに母国スポンサーもたらす »

2017/01/22

メルセデスAMG、ジョージ・ラッセルを育成ドライバーに

George Russell (C)Mercedes Motorsport
拡大します
メルセデスAMGチームは、イギリスの若手ドライバーであるジョージ・ラッセル(18歳)を同チームのジュニア育成ドライバーのメンバーとして起用することを明らかにした。
これはパスカル・ウェーレインやエステバン・オコンらに続くもの。

イングランドのノーフォーク州で産まれたラッセルは、カートやフォーミュラ・ルノー、BDCフォーミュラE4等を経て2015年はカーリン・モータースポーツからユーロF3シリーズに参戦してランキング6位、去年はハイテックGPに移籍してランキング3位となった。
今シーズンはメルセデスAMGチームでトレーニングをしながらARTグランプリからGP3を戦う予定という。

|

« 生き残り図るマノー、2016年マシンでの参戦を模索 | トップページ | ボタス、メルセデスAMGチームに母国スポンサーもたらす »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64793320

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMG、ジョージ・ラッセルを育成ドライバーに:

« 生き残り図るマノー、2016年マシンでの参戦を模索 | トップページ | ボタス、メルセデスAMGチームに母国スポンサーもたらす »