« ニューイ氏(レッドブル)「F1リソース、市販車に役立たない」 | トップページ | ハッキネン氏、「ボタスにチャンピオンのチャンス」 »

2017/01/11

ホンダ、2017年エンジンは『サイズ0』断念

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
ホンダは2017年シーズンに再びエンジン関連のレギュレーションが変更されるのに伴い、これまで挑戦を続けたいわゆる『サイズ0』の方針を撤回する模様のようだ。

これはV型バンク(谷間)にターボチャージャーやコンプレッサー等を小型化して収めるなど、いわばシャシー面からの要望に応えて設計されたものだが、そうした物理的な制限からいくつかのハンディを負っていたと推測されているもの。

これは同チームのテクニカル・ディレクターであるティム・ゴス氏が英専門誌に示唆したもので、「2017年はわれわれにとって大きな障害だったトークン・システムがなくなるので、一からエンジンの基本設計を見直すことになるだろう。
詳細について明らかにすることはできないが、すでに優れたものがあるならば、当然それらを参考にすることは否定しない」とした。

この3年間大きな成功を収めたメルセデス製パワーユニットは、ホンダのシステムより大型にはなるものの排熱や再生エネルギーなどの点で優位にあるとされている。

|

« ニューイ氏(レッドブル)「F1リソース、市販車に役立たない」 | トップページ | ハッキネン氏、「ボタスにチャンピオンのチャンス」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64748498

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、2017年エンジンは『サイズ0』断念:

« ニューイ氏(レッドブル)「F1リソース、市販車に役立たない」 | トップページ | ハッキネン氏、「ボタスにチャンピオンのチャンス」 »