« スペイン紙、メルセデスの新ドライバー発表を予告も | トップページ | セルジオ・マルキオンネ会長(フェラーリ)、2019年の引退示唆 »

2017/01/13

破産のマノー、1月20日が物理的マシン製作最終期限

Manor 『MR05』 (C)Manor Racing
拡大します
すでに消滅が確定的とされているマノー・レーシングだが、管財人は参戦継続のための「物理的最終期限」は1月20日(金)であるとした。

それによれば同チームの2017年新型車はすでに設計が完了しているもののチームを取り巻く状況から製作には取り掛かれていない状況。
金銭的なものは別として、物理的にマシン製作には1月20日(金)がゴーサインの最終期限。
これに間に合わなければ開幕までにマシンが準備できないという。

2017年マノー・レーシングの参戦がない場合、F1は再び全10チームによる戦いとなる。

|

« スペイン紙、メルセデスの新ドライバー発表を予告も | トップページ | セルジオ・マルキオンネ会長(フェラーリ)、2019年の引退示唆 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64756673

この記事へのトラックバック一覧です: 破産のマノー、1月20日が物理的マシン製作最終期限:

« スペイン紙、メルセデスの新ドライバー発表を予告も | トップページ | セルジオ・マルキオンネ会長(フェラーリ)、2019年の引退示唆 »