« バトンにバース大学から「名誉学位」授与 | トップページ | ザウバー首脳、「F1人気低迷はメルセデス独走が原因」 »

2016/12/09

メルセデス技術部門チーフ、アロンソ起用に慎重姿勢

Aldo Costa (C)Mercedes Motorsport
拡大します
突然の引退表明を行ったニコ・ロズベルグ(メルセデス)の有力後任候補として名前が挙げられているフェルナンド・アロンソ(現マクラーレン)だが、メルセデスAMGチーム内部にはこれに異論を唱える向きもあるようだ。

これを報じたのはメルセデスの地元ドイツの『スピード・ウィーク』誌。
同誌はメルセデスAMGチームのアルド・コスタ/エンジニアリング・ディレクターの言葉として次のようなものを紹介している。

「F1ドライバーとしてアロンソが類い稀な存在であることは間違いない。
しかしモーターレーシングというのはドライバー一人で戦うものではなく、チームの一員てどう溶け込めるかも重要なことだ。
そうした意味で、彼がどうなのか。
一緒に仕事をしたことはあるが、私にはいまだに彼のそうした部分がよく分からないんだよ」と、疑問を投げ掛けた。

コスタ氏にはアロンソが跳ね馬チームのドライバーだった2011年当時、開発部門の責任者として共にF1を戦った経緯がある。

|

« バトンにバース大学から「名誉学位」授与 | トップページ | ザウバー首脳、「F1人気低迷はメルセデス独走が原因」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64601338

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス技術部門チーフ、アロンソ起用に慎重姿勢:

« バトンにバース大学から「名誉学位」授与 | トップページ | ザウバー首脳、「F1人気低迷はメルセデス独走が原因」 »