« ウィリアムズ、ボタスのメルセデス移籍に難色も | トップページ | ルノー・スポール、「2018年にはF1最強エンジンに」 »

2016/12/13

ハミルトン、スローダウン問題でチームと和解

L.Hamilton & T.Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今季最終戦アブダビGPで、タイトル争いにあったチームメイト(ニコ・ロズベルグ)の順位を落とす目的で意図的にスローダウン走行をしたとして糾弾されていたメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンだが、その後チームとは和解したことを明らかにした。

無線によるペースアップの指示は、今回通常ドライバーに指示を与える担当エンジニアではなく、チーム首脳であるパディ・ロウ/テクニカル・エグゼクティブディレクターが直接行ったものだけに問題が大きくなっていたもの。

それによればハミルトンはこの週末にトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターの自宅を訪れ直接話し合いをしたことでわだかまりは氷解したという。
「僕たちは来年もっと強いパートナーシップで結ばれることになったよ」と、ハミルトンはチームとの関係に問題がないことを強調している。

|

« ウィリアムズ、ボタスのメルセデス移籍に難色も | トップページ | ルノー・スポール、「2018年にはF1最強エンジンに」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64618520

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン、スローダウン問題でチームと和解:

« ウィリアムズ、ボタスのメルセデス移籍に難色も | トップページ | ルノー・スポール、「2018年にはF1最強エンジンに」 »