« ウォルフ氏(メルセデス)にはドライバーの80%から電話 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、「メルセデスと何も話してない」 »

2016/12/06

フランスGP、2018年からF1カレンダー復帰へ

Paul Ricard HTTT (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
近代F1がスタートしたとされる1950年から開催された伝統のフランスGPだが、2008年のマニクールを最後に開催が途絶えてほぼ10年が経った。
2017年は同じく伝統あるドイツGPも消滅したが、逆にフランスGPは2018年から復活することが明らかとなった。

これはFFSA(フランス・モータースポーツ連盟)がパリで発表したもの。
それによれば契約は2018年からの5年間で場所は1990年までの開催地だったポールリカール・サーキットになる。
全天候型に改装されHTTT(ハイテクノロジー・テスト・トラック)と呼ばれる同サーキットは、現在バーニー・エクレストン氏とその親族が事実上保有しているとされる。

|

« ウォルフ氏(メルセデス)にはドライバーの80%から電話 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、「メルセデスと何も話してない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64588437

この記事へのトラックバック一覧です: フランスGP、2018年からF1カレンダー復帰へ:

« ウォルフ氏(メルセデス)にはドライバーの80%から電話 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、「メルセデスと何も話してない」 »