« F1新会社、『フォーミュラ・ワン・グループ』に名称変更へ | トップページ | F・インディア、ルノーに「ヒュルケンバーグ取扱説明書」 »

2016/12/11

観客減でオーストリアGPにも開催危機が

Redbull Ring (C)Redbull Racing
拡大します
レギュレーション変更による特定チームの独走で、世界的にF1人気が低迷しているとされるが、オーストリアGPもその例外ではないようだ。

1970・1980年代に当時のエステルライヒ・リンクで行われていたオーストリアGPだが、1987年を最後にいったん終了。
その後改修されA-1リンクとなって再び1997年に再開されたものの2003年に終了。
さらに同サーキットはレッドブル・グループの所有となりレッドブルリンクとなって2014年から現在まで行われている。

しかし地元オーストリアの『トレンド』紙によれば、レッドブル・レーシングが最強だった時代から一転、メルセデスAMGチームの独壇場になって観客数は減少が続いているのだという。
2014年の復活開催当時には9万5千人だった観客は、今年わずか4万人にまで減少しているとのこと。
ちなみに鈴鹿サーキットの日本GPも減少が指摘されているが、今年の観客数は14万5千人に留まったと伝えられている。
(最盛時の2006年は36万1千人)

|

« F1新会社、『フォーミュラ・ワン・グループ』に名称変更へ | トップページ | F・インディア、ルノーに「ヒュルケンバーグ取扱説明書」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64609503

この記事へのトラックバック一覧です: 観客減でオーストリアGPにも開催危機が:

« F1新会社、『フォーミュラ・ワン・グループ』に名称変更へ | トップページ | F・インディア、ルノーに「ヒュルケンバーグ取扱説明書」 »