« ウィリアムズ、マッサ引退撤回の仰天プランも | トップページ | 『ケンタッキー』F1参入ならハリアントに復活の日も »

2016/12/17

ドライバーの度量試されるか、2017年F1新型車

Image (C)Redbull Racing
拡大します
2017年のF1は再びレギュレーションが変更となるため、レースシーンの大きな変化が目されている。
そうした中、これまでよりドライバーの度量が試される方向に向かうのではないか、との見方がされている。

それによればマシンのシャシー面ではエアロダイナミックスやサスペンションの改良、さらにタイヤサイズの拡大もあって2017年は大幅なラップタイムの短縮が見込まれるというもの。
ラップタイムの短縮はすなわちドライバーへの身体的負担が高まることに繋がるとみられるだけでなく、現代の複雑なコントロール・システムの習熟も要求されるということだ。

ドイツの専門誌『アウト・ビルド・モータースポルト』は、「2017年のF1はまずスタートからしてドライバー・スキルの勝負になる。
ドライバーはこの冬、首の筋肉強化が必要になるだろう」と、予測している。

|

« ウィリアムズ、マッサ引退撤回の仰天プランも | トップページ | 『ケンタッキー』F1参入ならハリアントに復活の日も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64635150

この記事へのトラックバック一覧です: ドライバーの度量試されるか、2017年F1新型車:

« ウィリアムズ、マッサ引退撤回の仰天プランも | トップページ | 『ケンタッキー』F1参入ならハリアントに復活の日も »