« 新生チーム「ハースF1」に内紛勃発か | トップページ | マクラーレン株主総会、ロン・デニス/CEO解任を決議 »

2016/11/16

メルセデス勢、最終戦も同一タイヤ戦略で真っ向勝負

Mercedes AMG Duo (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2016年のドライバーズ・チャンピオンシップはいよいよ最終の一戦で結着が付くことになったが、そのアブダビGPに向けてのタイヤ選択が判明。
それによればメルセデスAMGチームのロズベルグ&ハミルトンはいずれもソフト4セット、スーパーソフト2セット、そしてウルトラソフトが7セットという同一の仕様を選択したことがわかった。

他チームでは例えばフェラーリではベッテルがソフトをより多く、またフォース・インディアやウィリアムズらも二人の選択を分けているが、レッドブルは同一のものとなっている。

最終戦、ロズベルグはハミルトンの結果にかかわらず3位以内でフィニッシュすれば自力での初タイトル獲得が決定する。
ちなみに昨年のアブダビGPではポールからスタートしたロズベルグが2ストップ作戦で優勝を果たしている。

|

« 新生チーム「ハースF1」に内紛勃発か | トップページ | マクラーレン株主総会、ロン・デニス/CEO解任を決議 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64499614

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス勢、最終戦も同一タイヤ戦略で真っ向勝負:

« 新生チーム「ハースF1」に内紛勃発か | トップページ | マクラーレン株主総会、ロン・デニス/CEO解任を決議 »