« ガスリー(レッドブル)、F1断念で日本レースに転身か | トップページ | 毎回変わるレーススチュワードに異論の声も »

2016/11/06

ハミルトン&ロズベルグ、次戦タイヤ選択では真っ向勝負

Pitstop Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
目下、わずか19点差で熾烈なチャンピオンシップ争いを演じるメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグだが、今週末行われる第20戦のブラジルGPではまったく同一のタイヤ選択をしていることがわかった。

これは現在F1にタイヤを独占供給するピレリタイヤの発表でわかったもので、両者はハードが1セット、ミディアムが4セット、そしてソフトが8セットとまったく同一の作戦をみせた。
ただこれがそのまま同一のレース戦略になるという訳ではなく、まだ二人のバトルは未知の部分を隠し持っていて予断を許さない。

ちなみにランキング3位のリカルド(レッドブル)はハード1セットは同じだが、ミディアムが5セット、ソフトが7セット。
これはランキング4位のベッテル(フェラーリ)もまったく同一の選択だ。
なお毎回独自の戦略で臨むフォース・インディア勢は、ハード2セット、ミディアム3セット、ソフト8セットと今回も興味深い選択が明らかになっている。

ブラジルGP決勝は13日(日)14時(日本時間:同25時)にスタートする。

|

« ガスリー(レッドブル)、F1断念で日本レースに転身か | トップページ | 毎回変わるレーススチュワードに異論の声も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64450661

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン&ロズベルグ、次戦タイヤ選択では真っ向勝負:

« ガスリー(レッドブル)、F1断念で日本レースに転身か | トップページ | 毎回変わるレーススチュワードに異論の声も »