« F1改革にエクレストン氏、「短時間レース」を提案 | トップページ | ピレリ、ウェットタイヤの改善作業に着手 »

2016/11/21

シンガポールGP、来年で消滅の危機

Image (C)Williams F1
拡大します
2008年に初開催、以来今年で9年目を迎えているシンガポールGPだが、来年を最後に消滅の危機が伝えられているようだ。
これを伝えたのは地元シンガポールの『ストレーツ・タイムス』紙で、次のようにその背景を報じている。

同グランプリの開催契約は2017年までとなっていて、かねてバーニー・エクレストン代表率いるFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)との間で契約交渉が続けられているものの難航し、今だ合意には至っていないという。

主催者はエクレストン氏主導の下、いち早くヨーロッパ時間に合わせたナイトレースの実施などこれまでにない対応をみせてきたが近年チケット販売は振るっていないのが実情という。
アジア開催のグランプリではすでに韓国GPが消滅している。

|

« F1改革にエクレストン氏、「短時間レース」を提案 | トップページ | ピレリ、ウェットタイヤの改善作業に着手 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64522678

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールGP、来年で消滅の危機:

« F1改革にエクレストン氏、「短時間レース」を提案 | トップページ | ピレリ、ウェットタイヤの改善作業に着手 »