« 「最終戦バトル」に緊張高まるメルセデスAMGチーム首脳 | トップページ | シンガポールGP、来年で消滅の危機 »

2016/11/21

F1改革にエクレストン氏、「短時間レース」を提案

Start Image (C)Renault F1
拡大します
テレビ視聴者数の減少が懸念されている近年のF1だが、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表は、レース時間の短縮という新たな提案をして注目されている。
これはイギリスの『サンデー・タイムス』紙に語ったもの、その中でこのF1総帥は次のように持論を展開している。

「先のブラジルGPでは視聴者数が増加したということだが、これは悪コンディションのため再三赤旗中断となって再スタートが行われたためだろう。
1回の長いレースだと視聴者は飽きてしまうんだ。
なにしろアメリカの今の若者などは、15分単位で区切られた短い番組しい観ていないからね。
それならF1も二つのレースに分けて、そのインターバルには作業もできるしドライバーらへのインタビューもできるようにしたらいい」

具体的には一つのレースは40分程度とし、その間のインターバルも40分程度。
二つ目のレースのスターティンググリッドは最初のレースの結果にしようというものだ。

|

« 「最終戦バトル」に緊張高まるメルセデスAMGチーム首脳 | トップページ | シンガポールGP、来年で消滅の危機 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64522280

この記事へのトラックバック一覧です: F1改革にエクレストン氏、「短時間レース」を提案:

« 「最終戦バトル」に緊張高まるメルセデスAMGチーム首脳 | トップページ | シンガポールGP、来年で消滅の危機 »