« 予選Q1、アロンソ13番手、バトンは脱落 | トップページ | アメリカGPのPPはハミルトン(メルセデス)が獲得 »

2016/10/23

予選Q2、リカルド最速、アロンソ(マクラーレン)脱落

引き続き予選Q2が15分間で行われた。
ここでもQ1と同じく6台が脱落となり、最終Q3に進出する10台まで絞られる。

トップは1'36.255のリカルド(レッドブル)、これに0.096秒差でロズベルグ(メルセデス)、さらに0.195秒差でハミルトン(メルセデス)、4-5番手にフェラーリのベッテル&ライコネン、6番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、7番手フェルスタッペン(レッドブル)、8番手サインツ(トロ・ロッソ)、9-10番手ウィリアムズのボタス&マッサまでがQ3進出。

なおQ2でベストタイムを出したタイヤが決勝レースのスタートタイヤになるため、メルセデスAMGの2台とフェルスタッペン(レッドブル)の3車は他車がスーパーソフトのところソフトタイヤでのアタックとなっている。

ここで脱落となったのはペレス(フォース・インディア)、アロンソ(マクラーレン)、クビアト(トロ・ロッソ)、グティエレス(ハース)、パーマー(ルノー)、そしてエリクソン(ザウバー)の6台となった。
このあとQ3でグリッドの上位10位が決定される。

|

« 予選Q1、アロンソ13番手、バトンは脱落 | トップページ | アメリカGPのPPはハミルトン(メルセデス)が獲得 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64386140

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、リカルド最速、アロンソ(マクラーレン)脱落:

« 予選Q1、アロンソ13番手、バトンは脱落 | トップページ | アメリカGPのPPはハミルトン(メルセデス)が獲得 »