« アメリカGPフリー3回目はレッドブル勢が1-2タイム | トップページ | 予選Q2、リカルド最速、アロンソ(マクラーレン)脱落 »

2016/10/23

予選Q1、アロンソ13番手、バトンは脱落

22日(土)、アメリカGPの公式予選が行われた。
まず最初のQ1は18分間で戦われ、全22台からベストタイムの遅い6台が脱落となる。
セッション開始時の天候は晴れで気温23度、路面温度33度、湿度34%のドライコンディションで雨の心配はないと報告されている。

ここではメルセデスAMG勢が1-2。
トップはハミルトンで1'36.296、これに0.101秒差でロズベルグ。
3-4番手にレッドブルのフェルスタッペン&リカルド、5番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、6-7番手フェラーリのライコネン&ベッテル、8番手ペレス(フォース・インディア)、9-10番手にウィリアムズのマッサ&ボタスの順。
アロンソ(マクラーレン)は13番手。

ここで脱落となったのはここがホームグランプリ・ハースF1のグロージャン、マグヌッセン(ルノー)、バトン(マクラーレン)、ウェーレイン(マノー)、ナスル(ザウバー)、そしてオコン(マノー)の6台。

|

« アメリカGPフリー3回目はレッドブル勢が1-2タイム | トップページ | 予選Q2、リカルド最速、アロンソ(マクラーレン)脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64386096

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1、アロンソ13番手、バトンは脱落:

« アメリカGPフリー3回目はレッドブル勢が1-2タイム | トップページ | 予選Q2、リカルド最速、アロンソ(マクラーレン)脱落 »