« レッドブル・デュオ、東京で暴走族と寿司を堪能 | トップページ | 日本GPフリー1回目、マクラーレン・ホンダ9番手発進 »

2016/10/07

ハミルトン(メルセデス)の記者会見での態度に批判の声

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports

前戦マレーシアGPでは首位を独走しながらも痛恨のエンジンブローでリタイヤを喫したメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンだが、6日(木)行われたFIA(国際自動車連盟)の公式記者会見での態度が思わぬ非難を浴びているようだ。

この会見にアロンソ(マクラーレン)、ライコネン(フェラーリ)、サインツ(トロ・ロッソ)、パーマー(ルノー)、そしてウェーレイン(マノー)らと参加したハミルトン(メルセデス)だったが、終始その態度は素っ気ないもの。
とりわけ前戦最大の出来事となった自身のエンジンブローについて話題が及んでも、ハミルトンは自分のスマートフォンをいじるばかりで視線を上げることはなかったという。

ただ、終了後これについて聞かれたハミルトンは、「チームのみんなと一緒になって全力で戦うことに間違いはない」と、釈明している。

|

« レッドブル・デュオ、東京で暴走族と寿司を堪能 | トップページ | 日本GPフリー1回目、マクラーレン・ホンダ9番手発進 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64310578

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)の記者会見での態度に批判の声:

« レッドブル・デュオ、東京で暴走族と寿司を堪能 | トップページ | 日本GPフリー1回目、マクラーレン・ホンダ9番手発進 »