« マクラーレン・ホンダ、グリップ不足に悩む | トップページ | サインツ(トロ・ロッソ)にペナルティ・ポイント »

2016/10/31

メキシコGPはハミルトン(メルセデス)ポールTOウィン

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
30日(日)13時(日本時間:28時)、メキシコシティ・ロドリゲス・サーキットを舞台にF1第19戦メキシコGPの決勝レースが行われた。
決勝レース前の天候は晴れ、気温19度、路面温度47度、湿度48%で路面はドライコンディション、レース中に雨になる心配はないと報告されている。
なおグロージャン(ハース)がピットスタートとなったため実質22番手発進となった。

オープニングラップでアクシデントが続き、いきなりセーフティカーに。
リカルド(レッドブル)、パーマー(ルノー)、エリクソン(ザウバー)らがピットイン、ウェーレイン(マノー)はストップ。
サインツ(トロ・ロッソ)に対し、アロンソ(マクラーレン)をコース外に押し出したとして5秒のタイム・ペナルティが通告された。
またクビアト(トロ・ロッソ)にもコース外の走行で利益を得たとして同じく5秒のタイム・ペナルティが通告された。
終盤には6位争いをしていたヒュルケンバーグ(フォース・インディア)とライコネン(フェラーリ)が接触。
また3位争いのフェルスタッペン(レッドブル)がベッテル(フェラーリ)のオーバーテイクに対し、コース外を走って審議対象に。
さらにリカルド(レッドブル)も加わって激しい三つ巴を演じた。

優勝はポールポジションからスタートのハミルトン(メルセデス)が終始レースをコントロールしてポールTOウィン。
前戦アメリカGPに続く連勝で今季8勝目、自身通算51勝目、これはアラン・プロストに並びミハエル・シューマッハの91勝に次ぐものとなった。

2位はポイント・リーダーのロズベルグ(メルセデス)。
3位はいったんフェルスタッペン(レッドブル)とみられたが、審議の結果5秒加算のペナルティを受け5位に後退、ベッテル(フェラーリ)が繰り上がった。
ベッテルは今年イタリアGP以来の表彰台。
4位リカルド(レッドブル)、5位フェルスタッペン(レッドブル)、6位ライコネン(フェラーリ)、7位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、8-9位ウィリアムズのボタス&マッサ、10位にホームの声援を受けたペレス(フォース・インディア)となった。

以下、エリクソン(ザウバー)、バトン(マクラーレン)、アロンソ(マクラーレン)、パーマー(ルノー)、ナスル(ザウバー)、サインツ(トロ・ロッソ)、マグヌッセン(ルノー)、クビアト(トロ・ロッソ)、グティエレス(ハース)、グロージャン(ハース)、オコン(マノー)までが完走、リタイヤはウェーレイン(マノー)の1台。

メキシコGPのレース結果はこちら
メキシコGPの画像はこちら

|

« マクラーレン・ホンダ、グリップ不足に悩む | トップページ | サインツ(トロ・ロッソ)にペナルティ・ポイント »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64422876

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコGPはハミルトン(メルセデス)ポールTOウィン:

» F1 2016 第19戦 メキシコGP [VAIOちゃんのよもやまブログ]
年間最大レース数21を誇る今季のF1もあと3戦。南北アメリカシリーズ2戦戦目のメキシコGPです。復活2年目のメキシコGPですが、高地で空気抵抗が少なく最高速度が出る点や文字通りスタ ... [続きを読む]

受信: 2016/11/02 06:54

« マクラーレン・ホンダ、グリップ不足に悩む | トップページ | サインツ(トロ・ロッソ)にペナルティ・ポイント »