« 長谷川祐介氏(ホンダ)、「予定通りプログラム消化」 | トップページ | 予選Q1、アロンソ13番手、バトンは脱落 »

2016/10/23

アメリカGPフリー3回目はレッドブル勢が1-2タイム

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
22日(土)10時(日本時間:24時)からアメリカGPフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温18度、路面温度21度、湿度52%のドライコンディションと報告されている。

トロ・ロッソのサインツは2度もタイヤのパンクに見舞われたが、いずれもリヤタイヤだったこともあり、チームは調査に入った。
またマノー・レーシングのウェーレインがコースアウトしてグラベルベッドにはまって立ち往生。
セッションは赤旗中断となったがコクピットのウェーレインは離脱に未練を残した表情。

このセッションでトップとなったのはレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンで1'36.766のベストタイム。
2番手もチームメイトのダニエル・リカルドで、レッドブル勢が1-2。
3番手ライコネン(フェラーリ)、4-5番手にハミルトン&ロズベルグのメルセデスAMG勢、6番手ベッテル(フェラーリ)、7番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、8番手ボタス(ウィリアムズ)、そして9-10番手にマクラーレンのバトン&アロンソがつけた。

アメリカGPフリー走行3回目の結果はこちら
アメリカGPの画像はこちら

|

« 長谷川祐介氏(ホンダ)、「予定通りプログラム消化」 | トップページ | 予選Q1、アロンソ13番手、バトンは脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64386245

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカGPフリー3回目はレッドブル勢が1-2タイム:

« 長谷川祐介氏(ホンダ)、「予定通りプログラム消化」 | トップページ | 予選Q1、アロンソ13番手、バトンは脱落 »