« アメリカGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)に戒告ペナルティ »

2016/10/22

アメリカGPフリー2回目はロズベルグ(メルセデス)が逆転

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
21日(金)、14時(日本時間:28時)から行われたアメリカGPフリー走行2回目セッションは、気温21度、路面温度39度と上昇、湿度39%のドライコンディションでのスタートとなった。

セッション終盤までは各チームともロングランによるレース・ディスタンス・シミュレーションの確認がメイン。
そんな中、最近目立つデブリ(パーツ破片)除去のため、いったん赤旗が提示されて路面の清掃が行われた。
その後は各車タイムアタックやロングランペースが入り乱れて進行。
大きな順位変更はないまま今度はメルセデスAMGチームのニコ・ロズベルグがトップタイムのまま終了した。

ロズベルグのベストタイムは1'37.358で、これは午前にハミルトンが記録した1'37.428をわずかながら凌駕した。
以下、0.194秒という僅差の2番手でリカルド(レッドブル)、0.291秒差で僚友ハミルトン、4番手ベッテル(フェラーリ)、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6-7番手にフォース・インディアのヒュルケンバーグ&ペレス、8-9番手マクラーレン・ホンダのアロンソ&バトン、10番手がライコネン(フェラーリ)というトップ10になった。

アメリカGPフリー走行3回目は22日(土)の10時(日本時間:24時)から行われる。

アメリカGPフリー走行2回目の結果はこちら
アメリカGPの画像はこちら

|

« アメリカGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)に戒告ペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64381860

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカGPフリー2回目はロズベルグ(メルセデス)が逆転:

« アメリカGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)に戒告ペナルティ »