« サインツ(トロ・ロッソ)、レッドブルが手放さず | トップページ | F・インディア首脳、「ヒュルケンバーグ離脱もやむなし」 »

2016/10/12

フェラーリ勢、アメリカGPで挑戦的なタイヤ選択

USA-GP (C)Mercedes Motorsports
拡大します
路面が良く、最もハードな側のタイヤだった鈴鹿から、次戦のアメリカGP(US-GP)はよりソフトな「ミディアム」、「ソフト」、そして「スーパーソフト」の3種類がピレリ・モータースポーツから用意された。

その中で、メルセデスAMGの二人(ハミルトン&ロズベルグ)やレッドブル・レーシング(リカルド&フェルスタッペン)らがいずれもスーパーソフトタイヤを6セットの選択に抑えているのに対し、フェラーリの二人(ベッテル&ライコネン)はミディアムタイヤを1セットずつと極端に減らし、逆にスーパーソフトタイヤを全チームでも最大の7セットという意欲的な選択をしていることがわかった。

なおレッドブルとフェラーリがそれぞれのチームメイトでいずれも同じタイヤ選択なのに比べ、メルセデスAMGはハミルトンとロズベルグとでミディム&ソフトの数を違えていて、来週末二人で異なる戦略を採る可能性を示した。

アメリカGPは来週末(10月23日)に決勝レースが行われる。

|

« サインツ(トロ・ロッソ)、レッドブルが手放さず | トップページ | F・インディア首脳、「ヒュルケンバーグ離脱もやむなし」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64337050

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ勢、アメリカGPで挑戦的なタイヤ選択:

« サインツ(トロ・ロッソ)、レッドブルが手放さず | トップページ | F・インディア首脳、「ヒュルケンバーグ離脱もやむなし」 »