« アロンソの「無罪放免」にウィリアムズ・チーム異論 | トップページ | トト・ウォルフ氏(メルセデスAMG)、「タイトル決定は最後」 »

2016/10/26

マレーシアGP、現行契約満了で撤退の噂も

2016 Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ご多分にもれず、観客の減少に見舞われているグランプリの一つマレーシアでは、現行の開催契約が満了する2018年を以ってF1グランプリ終了とする可能性があることがわかった。

これは同グランプリの主催者で開催地でもあるセパン・サーキットのラズラン・ラザリ/CEO(最高経営責任者)が語ったもの。

「年々マレーシアGPの観客数が減少しているのは事実だ。
今年、われわれは巨額を掛けてサーキットの改修を行ったんだがね。
スタンドは半分近くが空席だったよ。
いまやF1はエキサイティングなスポーツ・イベントではないと思っている。
残念ながら、2018年で最後にするというのは懸命な判断かも知れないね。
誰だって、勝つチームがわかってるようなスポーツなんて面白くないだろう」

ただ皮肉なことに今年のマレーシアGPで勝ったのはそのメルセデスAMGのマシンではなかった。

|

« アロンソの「無罪放免」にウィリアムズ・チーム異論 | トップページ | トト・ウォルフ氏(メルセデスAMG)、「タイトル決定は最後」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64400241

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアGP、現行契約満了で撤退の噂も:

« アロンソの「無罪放免」にウィリアムズ・チーム異論 | トップページ | トト・ウォルフ氏(メルセデスAMG)、「タイトル決定は最後」 »