« ボタス(ウィリアムズ)、「ミスしてQ3進出逃がした」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)に次戦グリッド降格ペナルティ »

2016/10/02

マレーシアGP、リカルド優勝 レッドブルが1-2!

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
2日(日)午後、セパン・サーキットを舞台にF1第16戦マレーシアGPの決勝レースが行われた。
決勝レーススタート前の天候は晴れ、湿度53%で気温は33度、路面温度は53度、路面はドライコンディションと報告されている。
フォーメーションラップ開始時にマッサ(ウィリアムズ)が動けず、ピットガレージに押し戻され、修復後ピットスタートとなった。

スタート直後、1コーナーでロズベルグ(メルセデス)にベッテル(フェラーリ)が接触、ベッテルはコースサイドにストップ、バーチャル・セーフティカーとなった。
ロズベルグは最後尾まで後退、またグティエレス(ハース)は右リヤタイヤをバーストさせている。
9周目、15コーナーでグロージャン(ハース)がブレーキトラブルによりコースアウト、再びバーチャル・セーフティカーに。
オコン(マノー)に対し、ピットレーン速度違反で5秒のタイムペナルティが通告された。
19周目、マグヌッセン(ルノー)がエアロダイナミックスの損傷でリタイヤ。

41周目、トップを走っていたハミルトン(メルセデス)がターボトラブルか炎を上げてストップ、またもバーチャル・セーフティカーに。
この時点でレッドブルが1-2体制となった。
さらにグティエレス(ハース)が左フロントタイヤを脱落させてストップ。
そしてロズベルグにはライコネンをオーバーテイクした際の接触原因を問われ、10秒のタイムペナルティが通告された。

レースは予選4位からスタートしたレッドブルのダニエル・リカルドが優勝。
リカルドの優勝は今季初、2014年のベルギーGP以来で自身通算4勝目の快挙。
2位もチームメイトのマックス・フェルスタッペンで、レッドブルが1-2勝利。
現行のエンジンになった2014年以降、メルセデスAMG以外のチームが1-2位を占めたのはこれが初ということになる。

以下、3位にロズベルグ(メルセデス)、ハミルトンがリタイヤしたことによりランキング1位をキープした。
4位はフェラーリのライコネンで、これで3戦連続の4位ということになった。
5位ボタス(ウィリアムズ)、6位ペレス(フォース・インディア)、7位に最後尾スタートから追い上げたアロンソ(マクラーレン)、8位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9位バトン(マクラーレン)、10位がパーマー(ルノー)だった。

11位サインツ(トロ・ロッソ)、12位エリクソン(ザウバー)、13位マッサ(ウィリアムズ)、14位クビアト(トロ・ロッソ)、15位ウェーレイン(マノー)、16位オコン(マノー)でここまでが完走。
リタイヤはナスル(ザウバー)、ハミルトン、グティエレス、マグヌッセンの4台となった。
F1は来週いよいよ日本GP、連続開催ということになる。

マレーシアGPのレース結果はこちら
マレーシアGPの画像はこちら

|

« ボタス(ウィリアムズ)、「ミスしてQ3進出逃がした」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)に次戦グリッド降格ペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64289146

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアGP、リカルド優勝 レッドブルが1-2!:

» F1マレーシアGP(2016 R16) [UKYOのつぶやき]
F1第16戦マレーシアGP! [続きを読む]

受信: 2016/10/02 18:15

» F1 2016 第16戦 マレーシアGP [VAIOちゃんのよもやまブログ]
第2アジアラウンドとでもいうべきなんでしょうか。今年のF1はシンガポールからマレーシアそして鈴鹿へと北上する時期に入りました。去年までマレーシアは春先でメルボルン〜マレー ... [続きを読む]

受信: 2016/10/03 00:03

« ボタス(ウィリアムズ)、「ミスしてQ3進出逃がした」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)に次戦グリッド降格ペナルティ »