« ウェーレイン(マノー)、ギヤボックス交換でペナルティ | トップページ | 「孤高」貫く、ハミルトン(メルセデス) »

2016/10/08

ハースF1、参戦以来初となる「2台Q3進出」に沸く

Romain Grosjean (C)Haas F1 Team
拡大します
今シーズンから新たにF1参戦したばかりのルーキー・チームであるハースF1が、今回の日本GPで参戦以来初となる「2台共にトップ10入り」というQ3進出の「快挙」を果たした。
予選8位となったグロージャンはバーレーンGPでの9位を上廻る今季自己最高位、また10位のグティエレスも今季イタリアGPと並ぶ最高位タイとなるものだ。

これについてグロージャンは「予選最高位というのはチームの士気を高めるためにもとても素晴らしいものだ」と、自讃。
またグティエレスのほうも「今週は出だしがあまり良いものではなかったので、まさかQ3進出が果たせるとは思っていなかった。
ルーキーチームにとって今の時期にこの成果は素晴らしいものだよ」と、こちらも絶賛。

なおハースF1チームでは日本人技術者の小松礼雄氏がチーフ・エンジニアを務めていることもあってか、鈴鹿では熱心なファンの応援が目立った。

|

« ウェーレイン(マノー)、ギヤボックス交換でペナルティ | トップページ | 「孤高」貫く、ハミルトン(メルセデス) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64317451

この記事へのトラックバック一覧です: ハースF1、参戦以来初となる「2台Q3進出」に沸く:

« ウェーレイン(マノー)、ギヤボックス交換でペナルティ | トップページ | 「孤高」貫く、ハミルトン(メルセデス) »