« ベッテル(フェラーリ)、ペナルティで5位に降格 | トップページ | VW(フォルクスワーゲン)、WRC撤退でもF1参戦は…… »

2016/10/31

1 ストップと 2 ストップ戦略が展開: 大半のドライバーがソフトでスタート後、1 ストップ戦略を採用 (ピレリ)

201610302016 メキシコグランプリ 決勝
・メルセデスのルイス・ハミルトン、1 ストップ戦略で優勝: メキシコグランプリ史上、屈指の高速スピードを計測
・レッドブルのダニエル・リカルドは独自の戦略を実行:
・1 周でミディアムへ交換し、全 3 種類のスリックコンパウンドを使用

2016 年 10 月 30 日、メキシコシティ
メルセデスのルイス・ハミルトンが、ポール・トゥー・ウィンでメキシコグランプリを制しました。ソフトタイヤでスタ ートしたハミルトンは、ミディアムへ交換する 1 ストップ戦略を採りました。レース中のスピードトラップで、ウィリ アムズのヴァルテッリ・ボッタスが、ミディアムタイヤで時速 372km を計測しました。このスピードは、Formula 1 の決勝における最高速度に迫るものです。

フロントローを独占したメルセデスを含む大半のドライバーが、ソフトコンパウンドでスタートしました。2 列目に 並んだレッドブルの 2 台は、スーパーソフトでスタートしました。スーパーソフトは、ソフトよりも短い第 1 スティン トになる代償として、理論的にはスピードのアドバンテージをレッドブルにもたらすことを可能にしました。しかし、 ダニエル・リカルドは、1 周目のバーチャルセーフティーカー導入中にミディアムタイヤへ交換し、その後、2 回 目のピットストップでソフトへ交換しました。全 3 種類のスリックコンパウンドを使用したリカルドは、最終スティン
トでのソフトタイヤのスピードを活かして 4 位を獲得しました。

トロ・ロッソのダニール・クビアトとミディアムでスタートしたザウバーのフェリペ・ナッセ以外のドライバーは、第 2
スティントでミディアムタイヤを使用しました。フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ソフト勢で最長の第 1 ステ ィントを走行し、32 周目にミディアムへ交換しました。ナッセは、全体で最長の第 1 スティントをミディアムで走行 後、49 周目にスーパーソフトへ交換しました。レース全体を通して、全コンパウンドの一貫した性能が示されま した。ルノーのジョリオン・パーマーは、1 周を除く全ラップをミディアムタイヤで走行しました。

今日のレースにおける戦略計算の鍵となったのは、ピットストップにより多くの時間を要する、シーズン中で最 長のピットレーンでした。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「フロントローがソフトで、2 列目がスー パーソフトでスタートするなど、戦略的要素が濃い決勝でした。各チームは、戦略に関して数多くの不確定要素 があった中、レースに起こる諸状況に対応しつつ、あらゆるチャンスを最大限に活用しなければなりませんでし た。結果的には予測通り、大半のドライバーがタイヤの摩耗率の低さを活かして 1 ストップで完走することがで きました」

 

コンパウンド毎のラップタイム上位:

                                               
 

ミディアム

 
 

  ソフト 

 
 

  スーパーソフト 

 
 

1

 
 

ベッテル

 
 

1 分 22 秒 497

 
 

リカルド

 
 

1 分 21 秒 134

 
 

マグヌッセン

 
 

1 分 23 秒 146

 
 

2

 
 

ライコネン

 
 

1 分 22 秒 512

 
 

ハミルトン

 
 

1 分 23 秒 045

 
 

フェルスタッペン

 
 

1 分 23 秒 397

 
 

3

 
 

ハミルトン

 
 

1 分 22 秒 596

 
 

ベッテル

 
 

1 分 23 秒 197

 
 

クビアト

 
 

1 分 23 秒 618

 


最長スティント:

 

           
 

ミディアム

 
 

69 周(エリクソン、パーマー)

 
 

ソフト

 
 

34 周(クビアト)

 
 

スーパーソフト

 
 

23 周(クビアト)

 

Truthometer:
ソフトでスタートしたルイス・ハミルトンは、17 周目にミディアムへ交換しました。2 位を獲得したチームメイトのニ コ・ロズベルグも同様の戦略を採用し、20 周目にピットストップを行いました。

 

MEXICO CITY PIT STOP SUMMARY

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                                     
 

Car

 
 

Driver

 
 

Start

 
 

Pit   1

 
 

Pit 2 Pit 3

 
 

44

 
 

HAM

 
 

Su

 
 

Mn (17)

 
 

 

 
 

6

 
 

ROS

 
 

Su

 
 

Mn (20)

 
 

 

 
 

5

 
 

VET

 
 

Su

 
 

Mn (32)

 
 

 

 
 

3

 
 

RIC

 
 

SSu

 
 

Mn (1)

 
 

Sn (50)

 
 

33

 
 

VES

 
 

Ssu

 
 

Mn (12)

 
 

 

 
 

7

 
 

RAI

 
 

Su

 
 

Mn (20)

 
 

Mu (45)

 
 

27

 
 

HUL

 
 

Ssu

 
 

Mn (14)

 
 

 

 
 

77

 
 

BOT

 
 

SSu

 
 

Mn (19)

 
 

 

 
 

19

 
 

MAS

 
 

Ssu

 
 

Mn (14)

 
 

 

 
 

11

 
 

PER

 
 

Su

 
 

Mn (20)

 
 

 

 
 

9

 
 

ERI

 
 

Sn

 
 

Mn (1)

 
 

 

 
 

22

 
 

BUT

 
 

Sn

 
 

Mn (17)

 
 

 

 
 

14

 
 

ALO

 
 

Sn

 
 

Mn (16)

 
 

Sn (45)

 
 

30

 
 

PAL

 
 

SSn

 
 

Mn (1)

 
 

 

 
 

12

 
 

NAS

 
 

Mn

 
 

SSn (49)

 
 

 

 
 

55

 
 

SAI

 
 

Ssu

 
 

Mn (12)

 
 

 

 
 

20

 
 

MAG

 
 

Sn

 
 

Mn (12)

 
 

SSn (51)

 
 

26

 
 

KVY

 
 

Sn

 
 

Sn (13)

 
 

SSn (47)

 
 

21

 
 

GUT

 
 

Sn

 
 

Mn (12)

 
 

Sn (48)

 
 

8

 
 

GRO

 
 

Sn

 
 

Mn (11)

 
 

Sn (50)

 
 

31

 
 

OCO

 
 

Sn

 
 

Mn (15)

 
 

 

 
 

94

 
 

WEH

 
 

Sn

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 M= Medium S= Soft SS= Supersoft n= new compound u= used compound

 

|

« ベッテル(フェラーリ)、ペナルティで5位に降格 | トップページ | VW(フォルクスワーゲン)、WRC撤退でもF1参戦は…… »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/64424458

この記事へのトラックバック一覧です: 1 ストップと 2 ストップ戦略が展開: 大半のドライバーがソフトでスタート後、1 ストップ戦略を採用 (ピレリ):

« ベッテル(フェラーリ)、ペナルティで5位に降格 | トップページ | VW(フォルクスワーゲン)、WRC撤退でもF1参戦は…… »